悩みの尽きない肌荒れの原因はこの10個!

肌荒れとよく言いますが、一般的にはこういった症状の事を言います。

・ニキビ、吹き出物
・キメが荒れる
・乾燥
・くすみ
・かゆみ、赤み

誰もが経験したことがある嫌な物ですよね。

肌荒れが起こっているときの肌は脱水状態。

水分と皮脂のバランスが乱れ、キメが乱れ、肌を守るバリア機能が低下することでアレルギーのような症状が出やすくなります。

原因はどんな事があるのでしょう?

10個の原因を要チェック!

●原因1:ホルモンバランスの乱れ

生理前になるとPMS症状の原因となるプロゲステロンが優位になり皮脂やメラニン色素を増やす為、肌荒れが起こります。
逆に生理が終わると肌も体もベストコンディションとなります。

●原因2:食生活の乱れ

添加物、脂っぽいものは肌荒れの原因になります。
また、ダイエット時の栄養の偏りも注意が必要です。

食べた物で肌は作られているといってもいいほどなので栄養バランスに気を付けましょう!

ただただ、野菜を食べればいいというものではありませんので、難しい方はサプリを利用するのも手です。

●原因3:睡眠不足

10時からはお肌のゴールデンタイムと呼ばれる程肌にとっては大事な時間。

肌が生まれ変わる成長ホルモンが分泌され、肌の修復を行ってくれるからです。

また、体内時計を狂わせない為にも毎日同じ時間に眠りに就くのも大切です。

●原因4:便秘

腸に排出されない便が長期にわたってあると水分がどんどんなくなって便が固くなり更に排出されづらい状況になるほか、便が含む毒素を腸壁から再吸収してしまいその毒素が全身へめぐる結果肌荒れとなります。

●原因5:乾燥

肌が乾燥しているとキメが荒れささくれだったような状態になります。

バリア機能も弱まり無防備な状態となるので様々な刺激に負けてしまうのです。

●原因6:季節の変わり目

3月から4月、9月から10月と気温が急激に変わる時期に多く起こります。

気温差は肌にとってはストレスですし、自律神経も気温差に追いつくのに必死となり、免疫力、抵抗力が低下してしまうからです。

●原因7:間違ったお手入れ

意外と多いのがこれ。

洗顔のし過ぎ、摩擦による乾燥、肌質に合わない化粧品の使用などが原因となります。

いつも使っているものでも、肌荒れの際には合わなくなることもあるので肌荒れ時には特別ケアが必要です。

●原因8:紫外線

紫外線は肌を老化させる最大の原因でも知られていますが、その他にも毛穴の周りの皮膚を固くこわばらせてしまう性質で毛穴トラブルを起こしたり、アクネ菌が活性酸素を発生させニキビなどを起こしてしまいます。

●原因9:ストレス

ストレスを感じると血流が悪くなります。
血流が悪いという事は肌の代謝も良くないという事なので肌環境は悪くなります。

環境、精神的、社会的などの要因が考えられます。

●原因10:内臓疾患

内臓疾患の初期の症状として吹き出物が出来やすくなります。

胃の荒れ、腸の不調、肝臓の機能低下が一般的です。

10個の原因は今からでも防ごうと思えばできる基本的な事ばかりです。

高価な化粧品に肌回復を期待するよりも、毎日の生活スタイルを重要視する方が美肌への道の第一歩ですね!

肌をケアするなら美容成分たっぷりのパックがお勧め!
⇒今流行の洗い流すパックのランキングサイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ