中々治らないその肌トラブルはアレルギーが原因かも?

花粉シーズンにくしゃみ、鼻水、目のかゆみと同時に肌荒れを起こすという方はいませんか?

それは肌のアレルギー症状です。

肌荒れを起こすアレルギーの原因となるものとは?

・花粉
・黄砂
・大気汚染、PM2.5
・ストレス
・乾燥
・体調不良
・添加物
・ハウスダスト
・食物、残留農薬
・建材の化学物質
・アクセサリーなどの金属

こういったもので肌が過敏になり肌荒れを起こしてしまいます。

アレルギーによる肌荒れを「接触皮膚炎」と呼びます。
この「接触皮膚炎」は大きく二つの種類に分けられることが出来ます。

①「刺激性接触皮膚炎」

刺激のある物質に触れた時に時間をおかずに触れた所にでるアレルギー症状です。

②「アレルギー性接触皮膚炎」

一般にアレルギー体質と呼ばれる人に起こる症状で、アレルギー物質に一度触れると免疫機能による反応が起きます。一度この反応を起こしてしまうと体に記憶され次に触れ時に肌にアレルギー症状として出てしまいます。

アナフィラキシーショックというものですね。

アレルギー物質に触れてから1~2日後に赤くなったり、湿疹、腫れなどが起こり、かゆみが強くかくことで更に症状が悪化してしまいます。

アレルギー体質の人はまず自分が何にアレルギー反応が出るのかを知ることが肌荒れなどの症状解決の糸口です。

皮膚科では数項目ごとに採血で調べられるアレルギーテストもありますのでまずは皮膚科受診をおススメします。

アレルギーテストの費用の参考は1回3000円程です。

次に大切なのが保湿です。

肌が荒れている状態はカサカサとキメが逆立っている状態。

この状態だと肌のバリア機能は働いてくれません。

結果、”アレルギー反応が出てしまう→掻く→バリア機能崩壊”となってしまいます。

こうなるとアトピー性皮膚炎のような状態になってしまいます。

また、花粉シーズンの肌荒れですが、花粉というアレルギー物質を抜きにしても時期的に一年でもっと肌荒れしやすい時期と言われています。

花粉シーズンというと3月ごろからですよね。気温が上がることでスギなどの花が咲き、花粉が舞うからです。
冬の寒さからいきなり春っぽくなるこの時期は体も肌にも負担がいっぱいあります。

アレルギー物質以外にも気温の変化に伴い自律神経が変化についていけないという事も原因の一つです。

肌荒れが起きた時を振り返ってみると、同じシーズンであったり、何か同じ状況であったりとするはずです。

まずは肌荒れの原因を突き止める事が大事ですね!

肌荒れを起こしているときはケアしたい気持ちは分かりますが、出来るだけシンプルで丁寧なケアをおススメします!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ