肌荒れを予防する3つのキーワードとは?

肌荒れは原因もなく勝手に起こるものではありません。

何かしらの体の中での変化があっての反応です。

肌荒れ自体はもちろん気になる所ではありますが、まずは体の変化を知ることが肌荒れ予防の第一歩です。

肌荒れ予防に知っておきたいキーワードを3つご紹介します。

①ホルモンバランス

生理前の肌荒れはプロゲステロンというホルモンが皮脂分泌を増やす働きをするのでニキビやシミをできやすくさせます。

むくみ、イライラなどPMS症状の原因となるホルモンです。

生理前のスキンケアは美白やアンチエイジングなどのケアはひとまずお休みして、保湿中心のシンプルなケアに変えると肌への負担もぐっと減り肌荒れも和らぎます。

ただ、シミが出来やすい時期なのでUVケアは必須です。

普段の生活リズムの乱れやストレスなどがあると不安定な生理前に更に不安定となって悪化してしまいます。

生理が終わると肌はエストロゲンの分泌が高まり、絶好調へと変化します。

生理前にお休みしていた美白やアンチエイジングケアはこの時期に行うといいでしょう。

新しい化粧品に挑戦する際もこの時期にするのがベストです。

②ストレスフリー

ストレスは様々な体への悪影響を出すのはご存知かと思います。

ストレスを感じると、体内で活性酸素が発生します。

この活性酸素は細胞を傷つけて肌を老化させ、免疫力低下もさせてしまいます。

これにより、アクネ菌が繁殖してしまいニキビができるという訳です。

それ以外にもホルモンバランスを乱れさせたり、自律神経を乱れさせたりと体へ悪影響を及ぼし、結果肌荒れが起こります。

ストレスを受けない生活は無理なので解消法を見つけましょう。

③季節の変わり目

季節の変わり目は肌の免疫力が弱っている場合が多いので刺激の強い美白ケア、アンチエイジングケアは控える事が優先です。

肌荒れが酷い場合、保湿は大切ですが、化粧水を一時的に辞め、ワセリンなどで肌を保護するだけにするのも手です。
徐々にセラミドなどの保湿力の高い成分を使うのがおススメです。

出来るだけ必要最低限なケアを行うようにしましょう。

これらの3つのキーワードは、肌荒れの原因でもあり予防策でもあります。

肌荒れ予防には、何か新しい事を始めるのではなく、今までの生活を守るスタイルが重要なようですね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ